社労士試験は年何回実施される試験?

社労士試験 年何回

一緒にクレアールを受講しませんか?

私はクレアールの【先行学習型】一発合格ストレート15ヵ月セーフティBコースを受講しています。

受講の決め手はパンフレットについていたDVDでした。

DVDは無料なのですが、クレアール看板講師の北村先生や斎藤先生の説明が
すごくわかりやすくて、「受講料も安いしクレアールにしよう」と決めたんです。

DVDは資料請求をするとついてきます。
2分程度で資料請求できますよ。

詳しくはこちらをクリックしてください。
資料請求ページはこちら

こんにちは、社労士試験受験生のじゅんです。
私が社労士試験を受験しようと思ったきっかけは
こちらに書いてますので、時間があるようでしたらご覧ください。
自己紹介(社労士試験を受験しようと思ったきっかけ)

社労士試験って100人受験したら6人くらいしか受からない
ものすごく合格率が低い試験です。

しかも試験範囲が膨大で勉強しても覚えきれないと
悩んでいる方は多いです。
私もそうですし(苦笑)
社労士試験は暗記だけで受からない?

なので、年何回も試験が実施されるようなら
全部受験したいと考えるのは当然のことだと思います。

もし年1回しか受験できない試験なら
不合格になったら、次に受験できるのは1年後になりますから。

この記事では社労士試験は年何回実施される試験なのか
解説したいと思います。

スポンサードリンク

社労士試験は年何回おこなわれる?

私みたいにすでに社労士試験の勉強を始めているなら
年何回の試験か知っていると思います。
私がクレアールの社労士通信講座を選んだ理由

でも、社会保険労務士(社労士)というお仕事(資格)に興味があるけど
まだ勉強を開始していないという方は
試験科目や年何回試験が実施されているのか
よくわからないかもしれません。

まず試験科目ですがこちらの図をご覧ください。

社労士試験範囲

(画像はhttp://www.sharosi-siken.or.jp/exam/howto.htmlより引用)

上の図は社労士試験の試験科目です。

国民年金や厚生年金みたいに
聞いたことのある科目名もあるかもしれませんが
労働者災害補償保険法みたいに聞いたことのない
難しそうな名前の科目もありますね。

では、社労士試験は年何回試験があるのでしょう?

結論として、社労士試験は年1回しか実施されません
もし社労士試験に落ちたら次の試験は来年です。

社労士試験の試験日は8月の最終日曜日に実施されることが多いです。

真夏でプールに行って
泳いだりボール遊びしたりして楽しい時期に社労士試験はあります。

もし社労士試験に興味があるなら
私と一緒にクレアールで勉強しませんか?

独学よりもかえって安くすむかもしれません。
少なくとも私は独学よりも安く済んでいます。

詳しくはこちらをご覧ください。
私がクレアールの社労士通信講座を選んだ理由

一緒にクレアールを受講しませんか?

社労士試験合格を目指すなら
私も受講しているクレアールがおすすめです。

独学よりもかえって料金が安くすみますし
合格したらコースによっては5万円が返ってきます。

仮に不合格になっても
セーフティーコースなら
無料でもう1年間クレアールの講座を受講できます。

受講を検討中の方

私がクレアールの社労士講座を受講した決め手はパンフレットについていたDVDでした。
DVDは無料なのですが、クレアール看板講師の北村先生や斎藤先生の説明が
すごくわかりやすくて、「受講料も安いしクレアールにしよう」と決めたんです。

私が受講する決め手となったDVDは資料請求をするとついてきます。
資料請求にかかる時間は2分程度です。

まずこちらをクリックしてください。
資料請求ページはこちら

上記をクリックするとこちらの画面に切り替わります。

資料請求

少し下の方に行くと

名前入力

あなたの自宅にパンフレットを郵送するのに
必要最小限の情報を入力する画面が出てきます。

ですので、必須項目を入力してください。

そしたら、

個人情報

『個人情報の取り扱いに同意する』にチェックを入れて
『個人情報の取り扱いに同意の上送信する』をクリックしてください。

資料請求

上記画面にように『資料のご請求ありがとうございました』
と表示されます。

同時に以下のようなメールが届きます。

 

メール

あとはパンフレットの到着を待つだけです。

途中、変な電話や勧誘のメールが来ることは
一切ありませんでした。

資料請求から3日後、

メール便

メール便でパンフレットが届きました。

開けてみるとこんな感じでした。

DVD

クレアールではあなたが申し込む時期によって
社労士講座の値段がまったく違います。

申し込みが早ければ早いほど安いです。
ただ値段はパンフレットを見ないとわからないことがあります。

ですので、まずはパンフレットを取り寄せましょう。

資料請求

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る