過半数労働者代表の選出方法についてわかりやすく解説

社労士試験 合格後

一緒にクレアールを受講しませんか?

私はクレアールの【先行学習型】一発合格ストレート15ヵ月セーフティBコースを受講しています。

受講の決め手はパンフレットについていたDVDでした。

DVDは無料なのですが、クレアール看板講師の北村先生や斎藤先生の説明が
すごくわかりやすくて、「受講料も安いしクレアールにしよう」と決めたんです。

DVDは資料請求をするとついてきます。
2分程度で資料請求できますよ。

詳しくはこちらをクリックしてください。
資料請求ページはこちら

私は社労士受験生ですが、動物病院の経営者でもあります。
またに近所の動物病院から労務について相談されることがあります。

たとえば就業規則を作って労基署に提出する前に
過半数労働者代表の意見聴取が必要なのですが、
「どうやって過半数労働者代表を決めればいいの?」
って相談されたことがあります。

この記事では過半数労働者代表の選出方法について
わかりやすく解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

過半数労働者代表の選出方法

過半数労働者代表を決めるためには
2つの要件をクリアーする必要があります。

この2つの要件を満たすことで
過半数労働代表者といえます。

過半数労働者代表の2つの要件とは

1.労基法41条2号に規定する管理監督者でないこと
2.労基法に規定する協定等をする者等を選出することを
明らかにして実施される投票・挙手等の方法による手続きにより
選出された者であること

この2つの要件を満たした人だったら
過半数労働者代表いえます。

かなり難しい話ですね。

スポンサードリンク

【わかりやすく解説】過半数労働者代表の選出方法

先ほどの2つの要件をわかりやすく解説していきますね。

まず要件1の労基法41条2号に規定する管理監督者でないこと
ってどういう人でしょうか?

これは会社内の立場でだいたい判断がつきます。
動物病院だったら院長がいて副院長がいて、獣医師主任がいて
トリマー主任がいて、動物看護師長がいて、みたいな話です。

一般の会社だったら社長がいて取締役がいて
部長がいて課長がいて、係長がいてって話です。

こういった立場の人たちの中でも
上の立場の人たちは除外してくださいっていうのが
要件1の『労基法41条2号に規定する管理監督者でないこと』
という意味です。

逆にいうと、立場が下で、みんなに敬語で話したり
常に周りから怒られたり指示されたりする立場の人こそが
要件1の『労基法41条2号に規定する管理監督者でないこと』
に該当
します。

就業規則って使用者(社長)と労働者との約束事みたいなものです。
で、社長って法律がなければ独裁的な権力がもてます。
いつでも労働者をクビにできてしまったり、給料を支払わなかったりできます。

でもそんなことしたら労働者は生活できませんから
労働基準法などの法律があるわけです。

ただ、労働基準法だけだと今働いている会社で
使いにくかったりします。
そこで就業規則があるわけです。

そこで就業規則を守らないといけない下の立場の人の意見を
聞くように労働基準法で定められています。

次に要件2『労基法に規定する協定等をする者等を選出することを
明らかにして実施される投票・挙手等の方法による手続きにより
選出された者であること』ですが。

これは過半数労働者代表の選び方について
制限を加えたものです。

要件では投票であったり挙手となっています。

投票は選挙を想像するとわかりやすいでしょう。
挙手は「A君でいい?」と聞いて、みんなが「ハイ」と手を挙げてくれれば
過半数労働者代表決定です。

スポンサードリンク

過半数労働者代表の不適切な選出方法

社長が「よし、A君が過半数労働者代表になりなさい」
と言った感じで、使用者側の意向によって決められたものは
ダメです。

社長などの立場が上の人でなく
労働者側が選んだ人が過半数労働者代表にしないといけません。

過半数労働者代表の選出方法まとめ

かなり難しい話になってしまいました。
簡単にいうと、立場が下のスタッフを手を挙げさせるなどの方法で
選べば過半数労働者代表といえます。

一緒にクレアールを受講しませんか?

社労士試験合格を目指すなら
私も受講しているクレアールがおすすめです。

独学よりもかえって料金が安くすみますし
合格したらコースによっては5万円が返ってきます。

仮に不合格になっても
セーフティーコースなら
無料でもう1年間クレアールの講座を受講できます。

受講を検討中の方

私がクレアールの社労士講座を受講した決め手はパンフレットについていたDVDでした。
DVDは無料なのですが、クレアール看板講師の北村先生や斎藤先生の説明が
すごくわかりやすくて、「受講料も安いしクレアールにしよう」と決めたんです。

私が受講する決め手となったDVDは資料請求をするとついてきます。
資料請求にかかる時間は2分程度です。

まずこちらをクリックしてください。
資料請求ページはこちら

上記をクリックするとこちらの画面に切り替わります。

資料請求

少し下の方に行くと

名前入力

あなたの自宅にパンフレットを郵送するのに
必要最小限の情報を入力する画面が出てきます。

ですので、必須項目を入力してください。

そしたら、

個人情報

『個人情報の取り扱いに同意する』にチェックを入れて
『個人情報の取り扱いに同意の上送信する』をクリックしてください。

資料請求

上記画面にように『資料のご請求ありがとうございました』
と表示されます。

同時に以下のようなメールが届きます。

 

メール

あとはパンフレットの到着を待つだけです。

途中、変な電話や勧誘のメールが来ることは
一切ありませんでした。

資料請求から3日後、

メール便

メール便でパンフレットが届きました。

開けてみるとこんな感じでした。

DVD

クレアールではあなたが申し込む時期によって
社労士講座の値段がまったく違います。

申し込みが早ければ早いほど安いです。
ただ値段はパンフレットを見ないとわからないことがあります。

ですので、まずはパンフレットを取り寄せましょう。

資料請求

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る